正社員として働いていると復縁しにくいってホント?

離婚した妻と復縁したいと考える場合、その妻が正社員として働いているなら復縁の可能性は限りなくゼロに近いといっていいでしょう。離婚を難しくさせる理由にお金と子供、世間体などがありますが、それらは復縁の可能性を測るバロメータにもなります。
正規で働き安定した収入を得ている妻ならばお金の面は問題になりません。また子供についても心配なのはやはり金銭面でのことが大きいのではないでしょうか。経済的に自立していれば子供の養育費に頭を悩ます必要もなく、子供から父親を奪ってしまう後ろめたさはあるものの、離婚を選択した以上破たんしている夫婦のもとで育つ子供の精神的な影響に重点をおくはずです。
そして最後の世間体です。家庭以外に居場所を持たなかった妻にとって、たとえ夫のことは嫌いでも離婚は自分のすべてを失う機会にもなりかねません。妻の顔だけで生きてきた女性が妻の役割から降りることは、自分の生活のすべてだった世間から脱落することも意味します。一旦離婚しても、結婚の居心地の良さを思い出して復縁に気持ちが傾くこともあるでしょう。
しかし仕事をもち、それも正規で働いている女性であれば、妻という役割は自分のすべてではありません。妻ではない自分のアイデンティティを支える仕事からまた違う自分が広がる可能性もありますし、「これからはまた仕事一筋で頑張ります」と宣言してしまえば世間は手も足も出ません。仕事という生活の手段や生きがいのある女性の場合は、よほど夫に未練がない限り復縁が頭をかすめることはないようです。

Comments are closed.